Date : 2019.9.30

あかちゃんには、はちみつ禁止!

今回の質問:

はちみつが入っている商品には、なぜ「はちみつを使用していますので、1歳未満の乳児には与えないでください。」と記載されているのですか?

はちみつにはボツリヌス菌という、食中毒を引き起こすことがある細菌が含まれていることがあります。この菌は、土の中などの様々なところにいる菌で、ミツバチを経由してはちみつに混ざります。このボツリヌス菌が乳児のお腹の中で増えると、乳児ボツリヌス症という病気になってしまうのです。症状としては、便秘、全身の筋力低下、ほ乳力の低下などがあります。適切な治療により、ほとんどの場合治癒しますが、症状が重くなると、まれに命にかかわることもあります。

ではなぜ乳児のみダメなのかと言うと、乳児と大人の腸内環境の違いが理由です。大人の腸内には細菌が多く、ボツリヌス菌は他の細菌との競争に負けてしまいます。しかし、1歳未満の乳児は腸内に細菌が少ないため、ボツリヌス菌が増えてしまうのです。離乳食が進み、腸内に細菌が増えていくと、乳児ボツリヌス症にはならなくなっていきます。はちみつが食べれるようになるのは、成長のあかしでもあるんですね。

豆知識一覧へ戻る

PAGETOP